読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと燃えたいゴミ

心が燃えたモノやコト

BSフジでやっている冗談手帳という番組は,お笑い好きにはたまらない番組だった

テレビ お笑い


なんのワードにひっかかっていたのかわからないけど,録画されていた『冗談手帳』という番組が,とても見ごたえがあった。

次世代を担う若手芸人が,鈴木おさむさんとネタについてブレストし,スターを目指すお笑い番組。ゲストの若手芸人がもっとも自信のある最強ネタと,鈴木おさむさんが指定したお題をテーマにした実験ネタの合計2本を披露するというもの。

私が見たのは,ヤーレンズと,アナクロにスティックの回,まったくタイプの違うコンビだけど,鈴木おさむさんの各コンビに対する指摘とかアドバイス,与えるお題が1つ1つ的確で。多くの売れていく芸人さんたちを見て,また消えていく芸人さんも数多く見てきた鈴木おさむさんだからこその言葉だし,ネタ見てるときの,鈴木おさむさんの顔,本気そのものだったー。

ヤーレンズは,一言で言うと脱力形系コンビ。鈴木おさむさんは,おぎやはぎを引き合いによく出していました。ただ,おぎやはぎよりもヤーレンズは手ごわい雰囲気が漂っていて,新世代コンビという印象。お笑いに対する熱意も感じられず(そう意識してるだけなの?),セミリタイアしてカフェやりたい発言まで飛び出してた(笑)今後芸人としてどうしていきたいという意欲は感じられないが,ネタは面白い,なんだか興味をそそられるコンビ。

アナクロにスティックは,男女交際のストーリーを将棋解説で表現したネタで,最近はあちこちで見かけるようになったコンビ。じわじわチャップリンでも,安定したネタを披露しているのをよく見かけます。“企画系ネタ”で一気にメディアに露出するようになった彼らだけど,今後どうすべきなのか。悩みのなさそうなヤーレンズとは大違いで真面目かつ前のめりで鈴木おさむさんにアドバイスを仰いでた印象。

そんな二組の良し悪しを掴んでいく鈴木おさむさんとのトーク本当に見ごたえがありました。とにかく鈴木おさむさんがすごいってなった。
なかでも印象に残った言葉が,『面白くない映画のほうが勉強になることがある』というもの。
鈴木おさむさんはこの業界に入ったころ,どんなに忙しくても1日1本映画を見ろと言われてそうしていたそう。誰かが教えてくれた映画とかをひたすら見て,自分では選ばないような映画もたくさん観て。すると,『面白くない映画のほうが勉強になることがある』ということがわかったんだそうです。
自分が選ぶようなものは,明らかに自分の好みで,似たようなものになってしまう。
そして,面白くないものが,“どうして面白くないのか”って考えることが,面白いものを生み出すうえで大事なのかもしれないな。

また,企画系ネタでメディアに出始めたアナクロニスティックに対して,企画系ネタで売れると,たちまち色んなネタ番組で披露することになるけど,同じ企画系ネタだとすぐにネタが尽きて飽きられてしまう。そして,企画系で注目された芸人さんは,企画系以外のネタは求められない。そんな未来に足つっこんでるアナクロスティックに,黒ひげ危機一髪を使ってまたバリエーションの違う企画系ネタを生み出させようとしたところもさすがだと思いました。
アンジャッシュのコントも,“すれ違い”という企画系ネタなんだけど,飽きられない理由はすれ違いのバリエーションの多さゆえで。またアンジャッシュがすれ違い以外のネタは求められないというのもわかる。

この番組は,お笑い好きにとってはたまらない番組です。ネタ番組としての要素もあるんだけど,ネタについて考察する番組って今までなかったんじゃないかな。
『冗談手帳』や,今年やっていた『ご本,出しときますね?』などBSも面白い番組が増えたし,さらにはAbemaとか,Huluでもオリジナル番組やってたり,チャンネルは増える一方で。どれもこれも見ようとすると本当大変。
だから私もブログとかtwitterをとおして,これが面白いとかもっと発信しよう。そしてこの人が面白いっていうなら間違いないと思ってくれる人が,1人でもできたらうれしいな(笑)