読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと燃えたいゴミ

心が燃えたモノやコト

映画(ネタバレ含む)「DEATH NOTE light up the NEW world」こんなはずじゃなかった

映画

 

f:id:outoforder:20161106160044j:image

 

見ました。松山ケンイチ藤原竜也デスノートから、早10年です。

 

Yahoo!映画では、2.8という低評価で(11月5日現在)

酷評されまくってます。

 

では、ここからネタバレ含む感想を。

 

Huluのドラマが面白かったので、期待していったけど、本当に残念でした。

私は、松山ケンイチ演じるLのような、池松壮亮演じる竜崎の、名推理が見たかったんですけど、、見終わったあと、

竜崎なんも推理してなくね???

ってなりました。世界的名探偵の欠片も感じさせてくれませんでした。正しくは少しは推理してたんだけど、それを生かした捜査が全くできていない。頭脳戦プリーズ!!

デスノートを使ったら、Lを超えられないとか言ってたけど、絶対超えられないから大丈夫!!って言いたかった。

でも、池松壮亮さんの演技は好きです。よかったです。

 

あとはね、もうね、竜崎だけじゃなくて、どんでん返しにこだわり過ぎ、どんでん返しも、何回も食べさせられると飽き飽きします。お腹いっぱいです。

 

もう色んなところにケチつけたいけど、散々な口コミ見てたらかわいそうになってきた。

 

竜崎の、「デスノートを使ったらLを超えられないだろ?!」は、旬な俳優3人揃えても、藤原竜也松山ケンイチは超えられないという、悲しい叫びのように聞こえたのでした。